ピアノの教え方🤗基本編🦄初歩スタート

私は自分の子供にピアノを小さいときから教えてきました🤗

そのやり方です

大事なとこは■の印をつけますね。

ピアノを習っていたお母さんなら自宅で教えられますが、もしならってなくても、初歩は教えられるのではないかと思います。

うちの場合は、ごほうびは、つかいましたが、、。

私は4才から習って、高校3年まで習わせてもらいました。

その後はずっと趣味で、好きな邦楽をひいてきました。

今は

カフェでピアノをボランティアでたまにひかせていただいています。

私が子供におしえたのは、

■私が先生に習ってきたことを、なぞって教えた(YAMAHA)

テキストは古く、すててしまったので、教材はピアノドリームをえらびました。

絵がメルヘンチックで、非常に子供が好みます。

■こうだったらもっと良かったのではというアイディアを、とりいれながらの手法

■脳科学、心理学、発達心理学、の組み合わせ

でやってました。

おかげで、長女はえらく早い時期にブルグミュラーを、終える事ができました。

今は楽しむ為のピアノを目指しています。ゆったりやっています。

ちなみに、私が今一番、楽しんでいるピアノ楽譜はこれ。

最終的に子供もここまでいければいいなと思います。

月刊Pianoプレミアム 極上のピアノ2019秋冬号

今は長女はソナチネらへんです。

特に、うちの子供たちのような繊細さんは、

小さいときから、人との競争は好ましく思わない感じでした。

わりと、他人の影響をすごく受けてしまうタイプだと思います。

他人軸だと、勝ったときしか、自信はもてません。

■昨日の自分をこえていく。

これがうちは一番あっていました。子供は意識してませんが💦

ピアノが、すきな大人に、なってくれれば、と思ってはいます。

趣味にしていれば、頭を使う事で、前頭葉もきたえられるし、頭の老化防止になります。

歳をとると、記憶力はおちるかもしれません。

しかし、頭はきたえられ、いつまでも能力は向上します。

それにピアノはおじいちゃんおばあちゃんになっても楽しめます。

息をふいたりする楽器ではらないので、コロナ禍にあまり関係ない楽器です。

こんなのも、楽しい🍀😌🍀 やさしいのもはいっていて、ジブリ映画大好きな人にオススメ👩‍🏫わたしも持っています🎶

子供たちにも、ピアノは弾ける方がよいと思っています。他の楽器に移行するのも、容易になります。

ただ、やりたいこともあると思うし部活もあるし、ある程度本人を尊重しながらです。

ここがむずかしいんですけどね💦

■ピアノの楽しさを教える🥰🥰🥰🥰🥰

■日曜日以外は、できるだけ、毎日ピアノに座れるようにもっていく。

習慣付けは。大事です。

ある程度の練習量は必要だからです。

ちいさい子供のときも、青年期も、できるだけ、自己肯定感をさげたくないので、極力怒らないで、やってきました。

ピアノには座らせなきゃならないので、

(完全に、絶対怒らないは、ここらへんは、たぶん無理です。経験上は。習慣づけできたら、ここはクリアしやすいです。)

他人の子供ではなく、自分の子供だから、必要なとき、必要なとき、多少怒るときはあっていいと、おもいます。

感情的なのはダメですが。諭すように言うのです。

言い方として(なんで、できないの❗️)は絶対ダメです。

ダメという言い方より、

こうした方がいいよ

とか、

こうした方がキレイにきこえるな。とか、言葉も、報酬になるような言葉がけがいいです。ほめながらね😘

■具体的に、よい例は、こう。

こうではなくてこんな風にひくよ。

ってみせてあげるのです。

できないのは子供のせいではなく、基本、教える側が工夫がたりないからだと、私は思ってやってきました。

そうすると、自分が良い方にかわるし、賢くなれる。特別支援教育のやり方を勉強すれば、最初は自分もいずれはラクになる位からのスタートでしたが、私はかわらざるを得ない状況でもあったおかげで、コントロールできるようになっていきました。

脳科学、心理学、怒らない技術、発達心理学。特別支援教育、発達障害にきく料理を勉強して、工夫ができるということは、なんにでも、役立ち、共通する法則みたいなのが、段々とみえていきます。

ピアノでいうと、子供がなぜできないかの、解釈の仕方がちがっているからではないか、とか、いつも考えるようにしました。

■なにがわからなくて、今、つまづいてるか、分析して、どうしたらできるかをとことん考えましょう。

■口でいうあだと、わからないときは、ひいてみせてあげるとか

■ゆっくりひいてみる。

■けんばんに一個づつゆびをのせるルールも忘れずに教える。

こどもは、なにもかも未経験なので最初はできなくてあたりまえだからねと声をかけて、自信を失なわないようにしましょう。

そうやっていると、母(先生)自分の器や包容力までいつのまにかアップしています。

つまり自分まで鍛えることができます。

使った教材は、https://www.amazon.co.jp/%E3%81%B4%E3%81%82%E3%81%AE%E3%81%A9%E3%82%8A%E3%83%BC%E3%82%80-2-%E7%94%B0%E4%B8%B8-%E4%BF%A1%E6%98%8E/dp/4051516318/ref=pd_aw_fbt_img_3/358-1562445-9312837?_encoding=UTF8&pd_rd_i=4051516318&pd_rd_r=0c89cab3-a08d-489f-b715-11be9857a01a&pd_rd_w=us2h9&pd_rd_wg=4T65Y&pf_rd_p=667382ea-1b34-4cdc-8d7c-58ed4a8ef05c&pf_rd_r=6VYW8Y83Z6KAX3QMSXBX&psc=1&refRID=6VYW8Y83Z6KAX3QMSXBX

■ピアノドリーム(1から6まである)

具体的な、おしえかたです。

まずは、

ごあいさつです。

(これからピアノをおしえます。)

(お母さんは今から先生です。)

(あなたは、生徒です。先生にピアノをおしえてもらいますよろしくお願いいたします。)

おじぎ。

お互いにあいさつをします。

(よろしくお願いいたします。)

うちは、さらに、道具さんにもご挨拶していました。

(ピアノさんよろしくお願いいたします。)

も、ピアノに向かって二人でやっていました。

このあいさつ部分は毎回です。

まずは、みぎひだりをおしえます。

みぎては、スプーンをもつほう。

ひだりてはおちゃわんを、もつ方。

つぎに、YAMAHA(ヤマハ)とかかれた金色の文字の所におへそがきます。

■姿勢をたもつ。

せなかはまるめないよ、棒みたいにまっすぐだよ。と、おしえます。

■指番号をおしえる

いちのゆびはおとうさん

にのゆびはお母さん

さんの指はおにいさん

よんのゆびはおねえさん

ごのゆびはアカチャン

といううたがあります。それで教えます。

指番号がでてきたときのためです。まずはゆびと、番号がくっついて覚えないと、ならないからです。

■ドレミファソラシドをおしえる。

そしてはじめはみぎてのドの場所にマスキングテープにマジックでドとかいて、テープをはります。

同様にレとかもかいてはります。

しばらくは、はってあげててもいいです。

1日に何個おぼえるかきめます。

いっぺんにいろいろ教えず、

2こくらいにしましょう。

毎回まず、復習からして、それができたら、まずたくさんほめてあげましょう。

■ハードルはちょっとだけずつ、あげます。

ドレミだけおぼえたらひける曲がピアノドリーム幼児版にあるので、それをひいてみましょう。

ドレミファまでやったら、ドレミファまででてきている曲を練習します。正の字をかいて、5回できたら合格!

■曲を練習してみる

■シールをあげます。

そのくりかえしで、少しぜつレベルアップしていきます。

小さい子供さんは特に、かわいいシールは喜びます。

シールは、雑貨屋さんとか文房具店とか楽器やさんで売っているものがオススメです。

100きんのは、フレークシールでないのなら、買っても大丈夫です。

100きんのは台紙にはってある、枚数すくなめのならOK。

マステみたいなかんじの素材の、台紙に貼ってるタイプなら使いやすいです。

フレークシールは、紙からはがしずらくて、てこずり、時間のロスがだいぶ発生します💦

ピッタリくっつきすぎなんですよね。

■ピアノの練習は、どんなときも、(できるだけ、)できなくても怒らない。できたらほめる。

(すごいねー。)

(がんばったね)

■できたことではなく、がんばったことを、ほめます。

成果をもとめるのはダメ。

*過程をほめます。

こんな感じで

■できることをふやしていきます。

ここまでできたら○1こもらえるを設定して、(母先生がきめる)

例えば今日は1曲ひいたら○一個だよ。

■曲のところにも○一個もらえるとかきます。

曲が難しくなってきたり、2ページ、3ページにわたるとか、長くなってきたら、○二個もらえる、3こ○もらえるにします。

メモがみに、日にちと、○をかきます。そうなってきたら1日10こ○設定にしたり調節します。

小さいこなら

10月31日(土)○○○○○○

小5なら

12月2日(火)○○○○○○○○

みたいな感じです。

部活などで、出来なかった日は、二日にわたって8こ○がたまったら(例えば1日8こと、設定した場合)賞品を1こあげるのです。

■約束は必ず守る。

ことが大切です。

信頼関係は、なにより大切です。

ハードルがあまりたかいと、結局うまくいかなくなりますので、さじかげんは様子をみながらおかあさんがやるしかないです。

小さいときは

■毎日○を7こためたら、ごほうびチロルチョコとかアメ、小さめ袋菓子とか、お菓子を、あげました。

1日あげていいおかし分位。

f:id:makkumakku:20201218102504j:image
f:id:makkumakku:20201219084510j:image

練習にあきたらワークも、きぶんてんかんになります。

かんたんなら、2ページで○1こ分ね。とか調節します。

100円ならすごい金額になるし、40円も、あまりうれしさの即効性はないかも。うちはそうでした。

おいしいものもらってうれしくない人はいないですから。

■ごほうびは、毎回目標達成しおわったらすぐにあげるのが、ポイントです。

ごほうびをあげると、報酬系が満足して、ドーパミンがでるはずです。そのサイクルをつくるのです。

■できたという、自信がつき、楽しさと、達成感を感じさせます。

■最初はドレミを全部つけて、正の字10回いったら消しゴムで、けしてあげる。

いずれは、ドレミなしで、正の字をまた、かいてきます。

段々高いドレミまで、音と、音符とこの音はなんの音なのかを一致させていきます。

この方法は、自己肯定感をさげずにやっていくやり方です。

ここまで、やらなくても、できるわって方たくさんいると思います。

私のやり方は、脳科学、心理学を勉強しながらの、あくまでも、オリジナルのやり方です。

お母さんもおわったらしっかり自分にごほうびをあげて、やすんでくださいね😃

ここに一応のせておきます。わたしの説明では、イメージがつかないこともあるかと思いますので、、。

これは、ピアノドリーム4です。グチャグチャにかいたとこは、名前がかいてました。

右の正の字は長女、左は次女の正の字です。

この、曲は

長女は15回ひいて合格させました。

ドレミつきと、ドレミなしで、合計15回ひいて合格したというかんじですね。

消しゴムでけしたあとが、あります。

ピアノドリームの1と2と3は、捨ててしまいました😅

ブログをはじめて、この記事をかくと、思っていなかったもので、、。すみません😢⤵️⤵️

おねえちゃんは、今、全部にドレミをかかなくてももちろん、いろんな曲を、初見でひけるようになりましたよ✨✨

おねえちゃんは、絵がすきなので、美術部を頑張っています。

だからあまり練習しなくなりましたが💦

すきな、弾きたい曲で、誘おうと、今、策をねっています。

中級のはじめぐらいのレベルかな?って感じで、ゆるく頑張っています。

おねえちゃんの人生も、尊重しながらやっていきたいなと考えています。

f:id:makkumakku:20201218090725j:image

コメントを残す

次の記事

ハンドケア