ルイスキャロルみたいになりたいな。文章について📘

先日、私が書いた文章が、ある場所で認めてもらえた。

前に、一度読まれたものを、もう一度出す機会がおとずれたので、だしてみたら違う人の目にとまったのだ。

ひのめをみることはないだろうと思っていたが、数人にほめられ、発表する事になった。

文章は、男女関係なく、見た目などで差別されることがない。

と誰かがいっていたな。

児童小説、不思議な国のアリスを書いた、ルイスキャロルも、発達障害だった。

男性だ。

数学者、論理学者、写真家、作家、詩人をやっていた。

男も女も差別がない。文章っていいなって、思う。

私は文章をかくことは苦手だった。

私はなにをいっているのだろう、、と自分でもわからなくなる位

文章が下手だった。

友人は立派な文章をかいていた。

自分の精神年齢とのちがいに、えらく衝撃をうけたのは、高校のとき。

しかし、今わたしは、自分の体験談ならかけるようになった。

はてなからはじまり、ワードプレスで、ブログを書くようになり、

どんどん文章が好きになってきている。

なんだ、こんな、楽しい世界が、あったのかと思う。

しかも、世界の違う国の人までみてくれると急にその国に自分が近く感じる。

これは早い時期にこういう体験ができてたら子供たちもとてもいいんじゃないかとおもう。

私の学生時代、学校にいって人とすごしていても、

誰ともつながっていない感覚の時期も、多かったなっておもう。

なにかで自分を認めてくれる人がいることは単純にうれしい。

今ちいさい世界で悩んでいても、世界に圧倒的に人はいるんだから、

自分にあう人、みとめてくれるはいる確率の方がたかい。

あきらめないで希望をもってほしい。

それを、感覚的にわかってほしいな。

今学校に、いけていない子供たちにも。

私は小さい時は作文が苦手だった。

なのに今度みんなの前で体験談の文章を発表することになった。

このコロナ禍の中でだ。光栄なことだ。ありがたい。

人生は本当にわからない。自分でも。

明日どうなるかなんて、だれにも本当にわからない。

良いことも。悪いことも。

いいね☆ボタンを押してね😉

フォローしてくださると、新規投稿が直接届きます🌼

はてなブログでもmakkumakkuの日記というブログでした。

以前に書いた記事が見られます😀

今はワードプレスで新しい記事をかいています🌏

makkumakkuの日記ワードプレスと、いれると記事が見られます。地球儀マークかwマークです。

フォローしていただくと、新規投稿が直接とどきます☺️

コメントを残す

前の記事

時短食品🍢