アガパンサス💐

私は北海道で、ガーデニングをしています。

毎年出てくる花のことで、

宿根草をメインに、バラもたくさん植えています。

宿根草とは何年も何年もさく花なのだ。

枯れた葉っぱをとる作業はした方がいいけどね。

はながらといって、終わったお花はとってあげたり。

くきはきる。

植物をさわれる機会になり、好きな方にはオススメです。

最初に植えるとき、3株植えた方がオススメ。場所があるなら。

3という奇数の配置は円形にちかくなり、見やすいデザインになります。

株と株の間はあける。

株がすぐ次の年に早く育たなくてもぐっと我慢する。

土さえ、ちゃんとすれば、あとは勝手に育ってくれる。

株が自然と大きくなるから、花がたくさんつくようになる。

だから花屋に行かなくてもたくさんの種類の、花で花束がつくれちゃうんですよ😃

だから、庭は、宿根草だらけにして、さらに、春に、安い苗やさんで、たくさんかって、植えるんです。

1年しか咲かない花は1年草っていいます。

華やかないろのものが、多いのは一年草です。

そうすると色とりどりの花が咲き誇る、庭が出来上がります。

育って大きくなった時のことを考えて、株間は、ちゃんと取る。我慢した方がいいです。

2株だと横並びに見えてしまう。

小さい庭なら1株。

でも、3株植えれるなら見事に咲く。

あとは、30センチ掘ること。土の作り方は、ちゃんと調べた方がいい。

今度配合もかきますね。

肥料はマグアンプというのがホームセンターでうっています。3から5年用と書いています。

それから、宿根草の場合はたい肥は馬糞がとてもよいんです。

一年草なら牛糞でも良いです。

一年草なら、マグアンプという粒状のも、それ専用のをかいます。

切り花で飾るときは、水切法といって、水のなかで、茎をきると、水もちしやすい。

1週間程度飾れますよ👩

いつも、家のなかに、切り花が常に飾れるんです。

もちろん、お仏壇やお墓参りにもつかえますよ。

コメントを残す