発達障害の漢字学習☺️効率よく教える方法①🤗🍭🍬🍫

父、母が、確実に成績アップする漢字を教える方法です。今回は漢字の場合です。

まず、正の字を使うことを頭においてください。

今日のうちの学習内容は6年の漢字の予習でした。

まず、教科書ぴったりワークか、おねえちゃんのお下がりの教科書を用意します。ない方は、ネットを使ったりして何らかの方法で、学習させたい漢字の教材を準備します。

材料は

鉛筆2本

消ゴム1こ

メモがみ

ふせん5センチ×1.5センチ

ごほうびおかし(小袋)

(裏紙などでうちはやっています。)

あまり大きくないメモ紙15×10がいいです。

(学校からもらってくるいらないプリントとか4等ぶん)

続きは明日以降公開します😉

結論いっておきます😉

日にちと正の字で覚えるまで(母と父で)やるんですけど、、。いろいろポイントが、あるんです。

自閉症の、お子さんはいろいろ、予想外(?)なことが起きてしまって、母がめげそうになったり、子供があきてしまったりします。

家庭での療育の方法があるんです😉

大変なので、出来るだけ細かく説明をみたい方だけ、次のブログはみてくださいね😃

また、ごほうびおかしも用意した方がよいですよ❗️

この方法は幼稚園のときからやっていました。

次女は乳幼児発達スケールKIDS

しつけのテストで、

100点満点でした。

幼稚園の先生にこんなのはじめてみました❗️どうやってしつけをされたんですか?って驚いていました。

もし良かったら、フォローしてください✨😀

そうすると、新規投稿が見られます🐿️

コメントを残す