中学生高校生のピアノ最新ヒットソング中級対応🦁

あいみょん  裸の心も中学生高校生のヒットソング中級対応にのっています☺️

この曲は、難易度は易しい方。

ただ途中で28ページ4本の指で弾くひきずらい音がある。

すこし、手が小さめの人は、手が痛くなるかも。私がそうなんです💦

すこし、上に流れるようにタリララン

と弾けば弾けるけど、やっぱり、手を痛めなくないな。という方は、

中の一音をとってしまう方法もあります。

ということを伝えたかったのです😃

このように。

これだったのを↑

こうする

と、弾きやすいです。🍀

歌詞が上ふたつには書いてるから目安にしてみてください😃この写真2枚は同じ楽譜ですよ!

また、今後も弾きたい曲を弾くためには、オクターブの練習はしましょう。

全音ハノンという教本がオススメです。私も使ってきました。

少し無理してでも、手が痛くなっても、

そこは手を作り上げていかないと、邦楽曲はできません。たくさん出てきます。

出典:ピアノが上手になる人ならない人

著者:小林仁

“同じ手の大きさを持っていても、訓練したかどうかでだいぶ差が出てくるわけで、そういう人は、ピアノを弾くのに適した手に「造りかえて」きたことをうかがわせます。”

“現にヨーロッパの人でも、そんなに手の大きくない人でも有名なピアニストになっているケースも少なくありません。中略

“けれど、そういう人たちはけっしてラフマニノフとかチャイコフスキーとか、そういうものまで弾こうとはしません。自分に合ったレパートリーを開拓しています。”

とあります。

手が小さくて、この先はピアニストは無理だ。

とあきらめる人はたくさんいるでしょう。

ピアノを引き続けるのはやめ、そこであきらめてしまい、違う道を進んでしまった人もいるかもしれません。

でもピアノといっても、ありがたいことに、いろんなジャンルがあります。

ジャズ、インストゥルメンタル、ボカロ系、好きな道にすすんで、とにかくコツコツ長年かけて、手をつくる事が、大切なんですね。☺️