こころが空虚な時期 😑ADHDの場合

心が空虚な時期。

あなたはありますか?

私はそれが20代前後でした。

その時期のお話をします。

でも若いときの空虚な時期も、

あなたの人生には、きっとまちがいなく必要な時間です。

私の場合をお話します。

短大の時、心がなんだかおかしかったのです。

空虚でした。

もちろん一人暮らしが全くのはじめてでした。

まわりに知り合いは全然いなかったところからスタートでした。

マンションの日当たりは暗かった。

それが関係あったのかもしれません。

あとは心当たり、ありました。

自閉症のテンプルグランディンさんと私が部分的ににていたことがあり、

しかし、一部分だったので、本は捨てました。

高校の時です。

短大にはいり、心理学の本をたくさん読みました。

食事は一人の為につくる気力になれず、栄養もかたよっていました。

朝起きて顔を洗い、歯磨き、朝ごはんを食べる。あとは全部自分で決める生活。

ちゃんと、

友達はできました。

向こうからよってきてくれ、たくさん女友達はできました。

ノートの貸し借りにもいれてもらえました。親切で好意的な子ばかりでした。

でも、あまり積極的に私からは話せませんでした。

なんでだろう、、。

理由はわからなく、私はいつも

心が空虚な感じでした。

たぶん

わりと無口だったと思います。

バイト先でも、青森からきた大人っぽい綺麗なお姉さんに好いてもらい、ちゃんと

可愛がってもらったのに、心が追いつかないような感覚。

それをどうことばに表現したらいいかわからなくて、返事も気のきいたことばがうかばず、、

自分がおかしいと思ったりしました

青春しているのに、空虚なかんじ。

みんなといるのに私は雑談はできません。

発達障害のためかなと、今になっては思います。

すごく不便です。

笑っているよう努力しました。

音楽をやっていたからカラオケは自信があったし、歌えばいいだけだから、

以外に歌えたのでした。

最初はものすごくそりゃあ緊張しました。

ここで逃げたら歌えなくなると、直感的にわかり、その時も、勇気を出しました。

心の中では、

「歌詞は決まっているからきっとうたえるよ。頑張れ、私👩」

って自分にエールを送っていました。

一度踏み出せば、あとは歌を歌うのはなぜか

なんともないものです。

だいぶあとに分析した結果、、

どう思われるか

ではなく、どうしたいか。

が勝った瞬間、人は行動に踏み出せた

しかし、音楽だけ。

これは、大人になり、だいぶ後にわかった事です。

当時はわからなかった。

なぜできたのかも。

考えなくていい事を考えてしまってたのですね😅

でも、操縦できませんでした。

今は、本をたくさんよんで、発達障害や、心理学などにいきついてわかった事です。

次回につづく、、、。