自分の強みを知る🤗(発達障害)

自分自分の強みをしることとても大切です。

もし、強みなんてないと思ったら、

とりあえず好きなことをやってみる。

好きな事の中にたいていヒントがあると思います。

私がそうでした。

好きだからついやってしまうものだったのです。

記憶力がなく、暗譜が苦手。

しばらくしたら

前ひいていた曲が弾けなくなったりする。

でも、あるとき、工夫を思い付きました。

こうしたらもっと楽しめるかもしれない

好きが、工夫をうんだのです。

間違えるから、きいてられない と、

夫がストレスが多い職場の時期に

私はいわれました。

それでも、私はやめたくなかったし、

将来、好きな曲を自由自在にひけるようになりたい イメージがありました。

そしたらひらめいたのです。

しかも、やってみたらうまくいくではありませんか!

自分的には大発見でした。

出来ないことを出来るようにするため

(ここでは、ピアノを本当に楽しむこと)

なにかできないかな。

広がります。

音楽が得意な発達障害や場面緘黙児童がいるはずです。

定型発達の子供さんよりむしろhspの繊細な子供さんもです。

そういう子供の方が才能がある

と、専門家や研究者達は言っています。

子供の才能を開花させる努力、

頑張りましょう😃🍀


コメントを残す