子供ピアノの教え方👩🐻(発達障害)

左手の伴奏で同じのがてできたら、

色鉛筆で、種類わけするとわかりやすくなります

一瞬で頭が整理されますよ🍀

例えば

ドミソを使う伴奏は赤丸

ソシドを使う伴奏は緑丸をつける

などです。

また、

右だけの練習
左だけの練習に、

連弾みたいに付き合ってあげると、

楽しくピアノのおとを聴きながら練習できて一石二鳥です。

耳で覚えることは、一石数鳥の効果が期待できるんです。

(母がピアノをひけるならば、ですが💦)

その後に両手であわせてみます。

子供がはやくやりたいといったら、

少しはやくても、意思を尊重して、

チャレンジさせてあげましょう🎵

ちなみに月刊ピアノは昔よりとても

中学生位でも気軽に邦楽を楽しめるようになっています☺️

ハ長調にしてあったり、フラット1つにして、

ハードルを低くつくってくれているのもたまに、でてきます✨

少しピアノをひいていたという大人もちょうどいいという方がいそうだ

というのが、私の感想です😃

みんなが音楽を楽しめるように

いい時代になってきましたね。

家のなかでもピアノがひける事は

一生涯使えるたのしめる技術を獲得したようなものです

ピアノの楽譜ピアノ(電子ピアノもOK)さえあればで楽しみはいつでもつくれますよ🌸


コメントを残す