今日は自宅ピアノ教室 生徒は我が子😊

昨日は珍しく2人のピアノをみました。

姉は、ピアノの森という楽譜の

“アルプスの夕映え”です。

ピアノ自体は1か月位やっていなかったです。

しかもしばらくやっていなかった曲です。

とにかく褒める。

どんなにつっかかっても私が気にしないようにきいています。

ある程度時間がたっぷりありそうな時に、

ピアノやろう!と声をかけています。

声がけの仕方は、

出来なくてあたりまえ。

久しぶりだから。

とにかくピアノにさわれただけでよし(๑•̀ㅂ•́)و✧

みたいな心持ちでいます。

発達障害の子のピアノは、褒めるベースがうまくいきます。

違う音は違うと言いますが、

そういう子↑は皆、耳は良いから、

間違えてたら、たいてい自分でわかるんじゃないかな?と

思います。

弾きやすいよう、工夫済の楽譜です。😊

うちのピアノは、ゆる〜く気長に!

です。

私もそれしか見れませんしね。

一曲両手で、やっただけで、

グダーっとぢべたに這いつくばる長女。

ここで

やる気がない人を、やる気にさせるには、、、

ポピュラー作戦👍

あとは、セカイノオワリの、

花鳥風月という曲をひかせました。

シャープが1つだし、彼女は知っている曲です。

私は出かけるね!といって、でかけました。

どうだった?帰ってきた私。

長女  あの曲弾けた!

母  そうでしょ。わりと簡単でしょ?

弾けるだろう曲を提示して、

あれ?邦楽ピアノ楽しいかも?

にもっていくという私は、

シメシメ😁狙いどうり、、

心の中でニヤっと笑うのでした。