珈琲いかがでしょう ドラマ 😊

今やっているドラマ

珈琲いかがでしょう が面白くなってきました。

正直、私は最初の1.2話ぐらいまでは、平和すぎて、最後までみないかも、、と思っていました。

しかし、4話ぐらいからが特に面白くなってきました。

主人公の過去が、殺し屋だった事実。

彼が珈琲に目覚める所や過程。

その中でも、私が好きだった所は、

ホームレスのおじさんに珈琲を振る舞われるシーンあたりから。

おじさんは狭い場所に自分の城をつくり、以外とおしゃれに生活を楽しむ工夫をちりばめている所です。

おじさんの、

“どうせだったら小粋にポップに生きようよ!”

という言葉が私にも響きました。

また、主人公はおじさんに聞かれます。

“昨日たべた晩御飯はなに?”

ご飯何たべたかなんて、覚えていない彼は、

幸せとは何か。

全く感じることをしないで、考えることもしたことがなく、生きてきた自分に気が付きます。

それからは、ご飯を口にいれるたび、味を感じて、ご飯を食べるようになり、

変わっていたのです。そうやって

舌が育っていくことをおじさんに教わったり、

人にものを頼む時の礼儀作法など、

珈琲のいろはとともに、

それ以前に大切な

自分にかけていたものを教わっていきます。

すごく深い話になってきました。

しかも、私の大好きな、

カモメ食堂的な要素があり、

美味しいコーヒーの落とし方まで、みられました✨

生活を工夫して楽しむことの大切さ。

ちゃんとご飯を作ってあげる事が子供の心に、いや大人にも

いかに大切か、など考えさせられました😊

↓ドラマをみた人ならわかる、

珈琲のかべ

やってみたら、何となくできました😅😉