肥料は作るものに合わせると植物は元気に育つ👩‍🌾

肥料には、窒素 リン酸 カリ

3つの成分が必ずはいっています。

うちはピーマンをうえました。

今日買ってきたものはコレ。

ピーマンの肥料です。

窒素は葉の数をふやしたり、茎の成長を促したりします。

リン酸は開花、実のなりを良くするのです。

植物の呼吸にも関係します。

カリは、根を成長させます。

植物の体全体をつよくし、病気にもなりにくくなります。

毎年生きる植物には特に欠かせませんね😊

ピーマンは実がたくさんなるように

リン酸が多めに入っているんですね。


ブルーベリーの植物、肥料分は

窒素リン酸 カリの他に、

必要なものがあります。

だからブルーベリーはブルーベリー用の肥料を買ったほうが、

植物は年々大きくなりますよ😉


あじさいは赤い花のも、あります。

アナベルの赤い花などは、

赤い花をちゃんと咲かせたいならそれこそ、

専用肥料を買ったほうがよいです。

根がアルカリ性の土を好む植物だからです。

世界中が、酸性の雨がふるので、

ほっとくと

土はだんだん酸性に近づいていきます。

酸性、アルカリ性によって、あじさいは

青くなったり、赤い色よりになったりします。むらさきに近いかな。

最近出てきた、アナベルの赤い花を

きれいな赤い色にしたいなと思う方へオススメ。

赤いあじさいをきれいに赤くする肥料とやらが、

ホームセンターに売っています。

土を、アルカリ性にしながら、

色々調節してくれる肥料です😊👍

肝心の写真撮り忘れましたが💦

とれたら載せていきますね😉✨